結婚するまで料理は大嫌いでした。
しかし結婚して子供ができると料理せずにはいられず、本やクックパッドを見て作っていました。
そうしていくうちにあれとあれを合わせたら合うんじゃないかというのが分かってきて楽しく感じるようになり、料理のテレビ番組をチェックするようになりました。
主人や子供に美味しい、どうやって作った?何が入ってるの?と驚かれるとやりがいも感じます。
料理が好きでも食費をバンバン使うわけにもいかず毎月食事に使うお金は決まっています。
その中でいかに毎日の料理にボリュームを出すかということを主婦をしていると1日何度も考えてしまいます。
節約料理などを検索する時間も多いです。
少しのお金しかかけず料理にボリュームが出ると自信につながり満足感が出ます。
必ずしも肉や魚を使わなくとも、安いもやしや豆腐でもメインになるほど素敵な料理ができるのに気づけた時にはもう料理が趣味になっていました。子供たちが苦手な野菜も栄養面を考えて調理でいくらでも食べさせることができるのです。http://www.igroupcal.com/musee-hige/