先日の新聞記事でトラックが旅客を乗せたり,タクシーや貸切バスが貨物を運んだりする「貨客混載」を,九月一日から解禁する方針を明らかにした事が掲載されていました。
人口減少が進む過疎地が主な対象で,住民の足を確保するとともに貨物配送の効率化が狙いだそうです。
今回の国土交通省の判断はとてもよい事だと思いますし,他の業界でも垣根を越え共存して生き延びる道を模索する事例のひとつになります。
特に地方ではいかに仕事を捻出して働き手の収入を確保できるかが,地域存続の絶対条件になります。
顧客不足の業界と働き手不足の業界という相反する双方がタッグを組む事は,雇用の維持と創出に貢献してくれるのは間違いありません。
過疎地に住む高齢者は公共交通の減少で不便さが増し,雇用がないため若者は出て行きます。今ある施設やインフラを相互利用が出来れば経費も増えません。
居住者は便利になり雇用も創出出来る事で,過疎化の流れに少しでもブレーキがかかれば幸いですね。背中脱毛 医療 レーザー