電車が満員だと、つらいですよね。熱いし、熱中症も心配だし、子供たちも必死です。高校生も、夏の短縮授業なのか、早い時間に帰宅するこどもたちをたくさん見かけます。しつこいぐらい、言い立てますが、なんと美しい光景でしょうか。普通の、いたって、普通の子供がまともなのです。一体、どんなイメージなのかというと、10年以上前は、こんなではなかったからです。いつも駅や、コンビニには、若者がたくさん昼からいました。
中には、日向ぼっこをして、田んぼの傾斜のコンクリートに寝転ぶ女子中学生が、9時半ごろに、たばこを吸っているなんて言う光景を見ていたりしたのです。中学生も高校生も、頭をピンクのゴムで縛っていたりしました。そんな時代が少し前です。それを思うと、その姿を見かけないことがすごいと思ってしまうのです。
隣のお宅が、あまり場で、平日いつも中学生の男の子が集まって、うるさかったのです。それから12年ぐらいたっています。