2009年に宝塚歌劇団に95期生として入団した楓ゆきさん。初舞台公演は、宙組『薔薇に降る雨』でした。
月組に配属になり、2010年『スカーレット・ピンパーネル』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、ピンパーネル団のメンバーの恋人であるサリーに抜擢されました。2011年、2番手スターの龍真咲さんのディナーショー『Hot Fairy』の選抜メンバーに選ばれました。2014年『PUCK』新人公演では、グレイヴィル家の長女レイチェル・グレイヴィルを演じました。
2015年『1789ーバスティーユの恋人たちー』新人公演では、主人公ロナンの妹で兄を追って田舎を出てパリで娼婦をしているソレーヌを演じました。自らの境遇を兄や他の娼婦たち、そして女を買いに来た男達の前で歌うソロのある大役でした。同年、龍さんのコンサート『DRAGON NIGHT!!』のメンバーに選ばれました。
2017年『All for One?ダルタニアンと太陽王?』では、銃士隊が飲んでいる酒場の女将モニカを演じました。2018年エリザベート−愛と死の輪舞−』では、王宮の女官を演じています。http://xn--eckeogs9d6olcm8ec1h.xyz/